ブログの進め方

1人で生きてく為のコピーライティング7選【ビジネス初心者必見】

投稿日:

 

このまま、雇われの身で今後の世の中大丈夫なんだろうか?

到底、今の収入では自分の家族の未来を守る事が出来ない.....

自分で稼げる力を身に付けたい!!

 

ッと思っていませんか?お気持ちわかります。なぜなら、正に今の自分がその状況だからです。

今回は、私を含めそんな方の為に、1人でビジネスや副業をして行く上での大切なコピーライティングを色々と調べ、6つに絞り解説していきます。

特に、初心者の為に作りました。この記事を見れば、私がネット上で色々と調べた時間分を時間短縮できますよ!!

それではご覧ください。

 

【コピーライティング①】キャッチコピーをマスター

まず初めは、キャッチコピーをマスターしましょう!!ブログのタイトルや、自分の商品があるのなら商品の名前などです。

ランディングページの売り上げは、キャッチコピーが全体の5割を占めるというふうに言われている位重要!!

何故かと言いますと、文章って基本的に読まれないものだからです。

 

説明書や手紙は、基本読み手がいること前提で書かれているので良いのですが、広告の文章は基本無視か流し読み程度...

つまり、読まれるための工夫をしないといけません。そのために何が必要かというと、キャッチコピーという事です。

 

ついつい見たくなってしまうようなキャッチコピーや、気になるようなキャッチコピー

これは、色々と考えてその中からひとつ良いものを選んで、テストをしていかないといけません。

基本、ほとんどの人がキャッチコピーを考えるときに一つか二つしか考えないんですが、これじゃダメです。

 

初めのうちは数十個考えて、その中のより良いものっていうものを一つ選ぶ位の気持ちでいましょう。

これは、数と経験がものを言うので、考え過ぎずに色々と試して腕を磨くのが大切です。

 

おすすめの方法としては、ネット検索で上記に来ている記事のタイトルを見て、自分がついついクリックしてしまいそうなタイトルをメモっておく事。

ネット検索以外でも、電車ないの広告や街の看板などでも色々と良いキャッチコピーはあるので、気になったらメモしておきましょう。

そして、いざ自分がキャッチコピーを考える時に、そのノートを見て、発想を膨らませるとやりやすいです。

 

【コピーライティング②】読み手を理解する事が重要!!

読み手を理解するという事は、とても重要です。

日記や手紙であれば自由に書けば良いですが、広告の文章や物を売りたい文章を書く場合は、読み手の事を考えて書くいうことが鉄則!

なぜかと言いますと、広告の文章は芸術作品とかそういう表現の場ではなく、基本的にビジネスで行われていることが多いので、読み手になりきり頭の中に入り込み、文書を考えるというのが非常に重要となるからです。

 

この文章を読んでくれる人ってどんな人なんだろう?

たった一人の理想の人を思い浮かべて、その人に届く文章っていうのを考えるようにしましょう。

 

そして、その人は

  • どんなことに悩んでいいるのか?
  • どんな願望を持っているのか?
  • どういう所に住んでいるのか?
  • どんな未来を描きたいとおもってるのか?

この辺りを考え良くリサーチし、それらを解決していくような文章を書いていくイメージです。

 

【コピーライティング③】お相手が断りにくいオファーをする

3つ目のコピーライティングは、相手が断りにいくいオファーというものを考えましょう。

簡単な例でいうと

  • この商品が今なら50%オフでOK
  • 完全返金保証あり
  • 1ヶ月間の無料お試しあり

などです。これは、皆さんもどこがで見たり聞いたりした事があるでしょう。

 

買おうかどうか気になっていて、その商品を調べたて文章を読んでいる場合、無料ならとりあえず試してみるかぁー」ってなる可能性が高いですよね。

 

「コピーライティング④」ライバルチェック

4つめはライバルを調査する事です。これはかなり重要になってきます。

自分の売りたい商品や、自分が提供したいサービスがある場合、その商品がライバルと同じようなものだった場合も、自分の商品を選ばせる事を考えないといけません。

その為には、他のライバルと差別化する事が大切です。

 

また、ライバルがどんなことをやっているのか?ライバルたちがまだ解決出来てないことはないか?

そこをリサーチし、相手が弱いとろを見つけたり、まだやってない事を見つけて攻める事も重要となって来ます。

 

 

【コピーライティング⑤】エビデンスをしっかりとつける

5つめはビデンスをしっかりと付ける事です!エビデンスとは証拠や根拠の事。

 

例えば、その商品が半年で10キロ痩せますというふうな事を書いている場合、それが信じられる証拠っていうものを、たくさん用意してあげるという事です。

それは、お客様の声だったりビフォアアフターの動画だったり、こういったものがとても重要になります。

ですから、相手にこういった効果がありますとか、こんな未来が待ってますと説明する時は、しっかりと根拠や証拠を用意しましょう。

 

【コピーライティング⑥】CTA(Call To Action)を知る

6つめは、CTA(Call To Action)を知っておきましょう。CTAとはCall To Action(コール トゥ アクション)の略語です。

訪問ユーザーに、コンテンツを一通り読んでもらった後、実際に申し込みなどの行動喚起をしてもらう事。

webマーケティングの世界では、その訪問者にとってもらいたい行動を誘導する事が大切です。

 

ターゲットとなる人に、とってもらいたい行動っていうものを明確にするようにしましょう。

ターゲットに取って貰いたい行動を、一つに絞るという事が大切です。

例えば「この商品が気になる方はコチラから公式サイトへ」等と書いたボタンを設置し、次の行動を明確に提示する事などです。

 

この時に、あれもこれも載せるのではなく、ターゲットが迷わないように出口を一つにするっていう事も重要です

【コピーライティング⑦】希少性&緊急性を入れる

 

最後は希少性とか緊急性を演出しましょう。希少性、緊急性を入れるとはどういうこ事かというというと

例えば、「コンサル募集が残り2人で終了します」とかって書かれていたら、「やばい!早くしないと」ってちょっと興味ある人だったら、急ぐと思います。

人は行動する理由をつけてあげないと、なかなか動いてくれないんです。

 

つまり、緊急性や希少性を付け加える事で、今すぐ行動するべき理由をつけてあげる事が大切となってます。

 

以上7つが、初心者が初めに知っておくべきコピーライティングになります。今後、自分が学んで行く上で、皆さんに重要だと思う情報をこのブログで書いて行きますので、また覗いてみて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-ブログの進め方

Copyright© HOPE + 1 , 2019 All Rights Reserved.